Ko-ken Z-EAL 3/8″ 首振りラチェットハンドル(ショート)

手のひらサイズでコンパクト、1/4で力不足の時にこの3/8首振りショートラチェットが活躍します。
そうお馴染みコーケン ジールシリーズのラチェットです。
この手のラチェットは1つ持っていて損は無いです。

Sponsored Links


 

コーケン ジールシリーズの9.5mm角のショートラチェット

Ko-ken Z-EAL 首振りラチェットハンドル(ショート)3726ZS

3/8”(9.5mm) Ko-ken Z-EAL 首振りラチェットハンドル(ショート)3726ZS

他メーカーは多枚数のギアを採用ていますがKo-kenは36枚ギア。

その代わり脅威の空転トルク。(ラチェットギアのカリカリがすごく軽いんです)

 

 

クイックスピンナーと組み合わせると空転トルクを発揮します

クイックスピンナー 3756Z

そしてジール専用設計クイックスピンナー3756Zを装着

ジールの空転トルクをフルに活用するにもラチェットとクイックスピンナーの組み合わせは必須です。

 

 

コーケン 首振りラチェット

ご覧の様に首振りタイプです。

ヘッドとハンドル連結部にはボールディンプル搭載ですのでカチッカチッとロックします。

 

 

手のひらサイズのラチェットハンドル

手のひらサイズ。

 

 

Z-EALエクステンションバーとソケットも装着

IMG_8348

ジールエクステンションバー3760Zと6角ショートソケット12mm 3400MZを装着してみました。

ジールは精度が良いので連結部のガタがほぼありません。

さすがソケット専門メーカーです。

 

 

IMG_8349

あなたはギアの数でラチェットを選びますか?

店主は空転トルクの軽さで選びます!

ギアが細かいと振り幅が狭い場所で助かる時が勿論ありますが実際の作業では空転トルクの軽さによる作業効率アップが体感出来ています。

店頭などでZ-EALのラチェットを手に取る機会があれば是非ともカリカリしてみてください。

その時はクイックスピンナー装着必須ですよ。

脅威のフィーリングに感動を覚え癖になること間違いないですから・・・

店主は癖になってしまいました・・・

もう誰にも止められない・・・

 

Ko-ken Z-EAL 3/8″ 首振りラチェットハンドル(ショート)

 

Ko-ken Z-EAL 3/8″ クイックスピンナー 3756Z

Sponsored Links

コメントを残す